3歳児に「死」という概念を説明してみた結果(3歳)


Warning: Use of undefined constant name - assumed 'name' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/boy.jp-dacelo/web/type99.net/html/DocumentRoot/wp-content/plugins/member_only/member_only.php on line 27

今日、コーヒーを飲みながらなぜか「生き物は全ていつか死ぬ」という話になった。

(何か、鳥を助ける、と言うような話をしてたので)
「お父さんは実際に6歳くらいの頃、エステートの近くで、地面に落ちて飛べない鳥拾って助けた事があるよ」
「とりはなんていってた?」
「え?えぇと、ピィー、ピィー」
「おかあさんにあいたいよう、って泣いてたのかなあ?」
「どうだろうね。でもその雀は結局助からなかった。死んでしまったんだ」
「しんじゃったの?それで、どうしたの?」
「死んじゃったから、地面に埋めて、お墓を作ったよ」
「えっ…?うめたら、いたいよ?よくないよ?」
「うん、でももう死んでしまったから。お墓だからね」
「おはかって?」
「お墓ってのは…。人や、可愛がってた動物が死んだ時に、土の下に埋めて、『天国に行けますように』ってお祈りをするためのものだよ」
「てんごくって?」
「死んだ後の世界だよ。生きてる間に良いことをした人が行かれるんだ」

死について説明するのは、とても難しい…。天国についてはイマイチぴんと来てない様子だったが、「死」「供養」「死後の世界」なんていう高度に抽象的な宗教概念なんて聞いてすぐに理解できるものじゃないよね。

生き物の死としては、ヒロシはまだ蝉と蚊くらいしか見たことがないので、うまく深刻さが理解できてない感じ。情操教育として、金魚を飼うくらいがちょうどいいと思うんだけど、妻が金魚嫌いなんだよなぁ。ちょっと小さくして金魚か、大きくしてハムスターか…。亀は長生きしそうだしな。いやもちろん、死んで欲しくて飼うわけではないのだが…。

↓クリック投票をお願いします!↓
ランキング投票
(※注:3つ開きます)

3歳児に「死」という概念を説明してみた結果” への2件のコメント

  1. 私は、あなたの近所に住む橘と言います。
    毎日、子どもの声がうるさくて、家にいられません。どうか、もう少し静かにしてもらえませんか?
    私には、精神病と闘っている17歳の娘がいます。
    今は、親戚の人に預かってもらっています。理由は、あなたの子どもの奇声がうるさくて、それを聞くと、パニック状態に陥るからです。普通の子どもの声ならまだしも、あなたのお子さんは異常なくらいです。どうかよろしくお願いいたします。

    • 大変ですね。
      ところでお住まいの地域が相当離れているようです。近所に橘さんとおっしゃる方はいらっしゃいませんし、日中あまり子供は家にいないので人違いではないかと存じます。
      ともあれ、子供の声がご近所迷惑になる可能性(なっている可能性)は十分ありますね。今後も気をつけて行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です