3歳児の創作ストーリー採録(3歳)

今年になってから、お風呂上がりの寝る前に、お話の読み聞かせ本を読むようにしている。

お母さんと一緒のお風呂から出てきて、パジャマに着替えると、大声で父を呼ばわる声が聞こえてくる。

「おとうさあぁーーん!おはなしよんでぇーーーっ!」

続きを読む

3歳児に「死」という概念を説明してみた結果(3歳)

今日、コーヒーを飲みながらなぜか「生き物は全ていつか死ぬ」という話になった。

(何か、鳥を助ける、と言うような話をしてたので)
「お父さんは実際に6歳くらいの頃、エステートの近くで、地面に落ちて飛べない鳥拾って助けた事があるよ」
「とりはなんていってた?」
「え?えぇと、ピィー、ピィー」
「おかあさんにあいたいよう、って泣いてたのかなあ?」
「どうだろうね。でもその雀は結局助からなかった。死んでしまったんだ」
「しんじゃったの?それで、どうしたの?」
「死んじゃったから、地面に埋めて、お墓を作ったよ」
「えっ…?うめたら、いたいよ?よくないよ?」
「うん、でももう死んでしまったから。お墓だからね」
「おはかって?」
「お墓ってのは…。人や、可愛がってた動物が死んだ時に、土の下に埋めて、『天国に行けますように』ってお祈りをするためのものだよ」
「てんごくって?」
「死んだ後の世界だよ。生きてる間に良いことをした人が行かれるんだ」

死について説明するのは、とても難しい…。天国についてはイマイチぴんと来てない様子だったが、「死」「供養」「死後の世界」なんていう高度に抽象的な宗教概念なんて聞いてすぐに理解できるものじゃないよね。

生き物の死としては、ヒロシはまだ蝉と蚊くらいしか見たことがないので、うまく深刻さが理解できてない感じ。情操教育として、金魚を飼うくらいがちょうどいいと思うんだけど、妻が金魚嫌いなんだよなぁ。ちょっと小さくして金魚か、大きくしてハムスターか…。亀は長生きしそうだしな。いやもちろん、死んで欲しくて飼うわけではないのだが…。

「おしごとするね!」(3歳)

僕は一人で仕事をしているので、自宅作業をしている日が多い。ヒロシはそんな父の姿を毎日見ていて、漠然と「仕事をする」ということを理解しているようだ。

ヒロシの「おしごと」の理解

・大人になると仕事をしなくてはいけない
・仕事をしているときは遊んでくれない
・仕事とはノートPCを開いてキーボードをカタカタ打つことである

たまに打ち合わせ等で外に出て仕事をして帰ってくると、それはもう嬉しそうに、ワンちゃんならおしっぽグルグルだよレベルで玄関まで走って出迎えてくれて、

「ヒロシくんさみしかったよぉー」
「ひろしくんねー、おとうさんといっしょにおしごといきたかったんだよねぇ~」
「おとうさん、あいたかったよー!」

等と言って足にまとわりついてくる。こんな出迎えをされたら、僕の相好が崩れっぱなしであることは言うまでもない。

ヒロシの将来計画

さてそんなある日、就寝前に本を読んでから横に寝て妻を待っていると、ヒロシがこんなことを。

ヒ「ヒロシくんねー、おとなになったら一人でおしごとする!」(おや、前は「おとうさんと一緒に仕事をする」だったのが発展している)
父「そうなの?じゃあお父さんはその時なにしてるの?」
ヒ「おとうさんはあそんでる!ヒロシくんが仕事をするから、おとうさんは遊んでて」
おお、要するに普段と役割が入れ替わっているということか。
父「そっかー、そいつは嬉しいな!でも、じゃあたまには遊ぼうね」
ヒ「うん!あそぼう!どこであそぶ?」
父「そうだなあ…。外国とか行こうか。」
ヒ「がいこく!? …アメリカとか!?」
父「うん、アメリカもいいなぁ」
ヒ「にほんは?にほんでは?」
父「日本国内にもまだいきたい所あるなあ」
ヒ「おんせん?」
父「お、温泉か。いいねぇ。温泉も行こう」
ヒ「おんせん!ウヒヒヒ…」

3歳児がどこで温泉とか知ったんだろう。こりゃ長生きしないとなあ。

初めて傘をさしてのお出かけ(2歳)

ヒロシももうすぐ3歳。世の中の大抵の事は大体経験しましたが、まだ未体験のことが残ってるんですねぇ。
今日は、ボジョレー解禁日。お酒を買うのは僕の仕事なので(選ぶのが楽しい)、夕方に1人で買いに行こうとすると、あいにくの雨。しかも、出かけるところヒロシに見つかってしまった。
続きを読む

来年も遊ぼうね(2歳)

ご飯を食べ終わったヒロシが、今日は珍しく自分からお昼寝に行く、と宣言した。
椅子を降りてちょこちょこ歩いて行ってドアの前で振り返り、「お父さん、また来年遊ぼうね!来年ね!」と言って出て行った。

マジか。年明けまでまだ結構あるぞ…。

(でもその後、これまた珍しくお昼寝の添い寝役にお父さんを指名。5分くらい2人でゴロゴロしたのだった。)

レゴ・ブロックで作った作品(2歳)

レゴ・ブロックと、こどもチャレンジの”いろかたちブロック”で昨日作った作品。(手前がブルドーザー、奥がクレーン車)

今朝、妻子が出かけて無人となった部屋にぽつんと置いてあったのを見て、「ああ、気にいってくれたんだなぁ。」と、嬉しい気分になる。

そう、これはヒロシが作ったものではなく、僕が作った作品なのである。

ヒロシ本人もいろいろ作っているが、僕もリクエストに応じて様々なものを作らされる。そしてあまり気に入らなかったり、他に作りたいものがあると、容赦なくバラバラにされてしまう。気難しい陶芸家の弟子のような気分である。

ハロウィンのスーパーサービス!(2歳)

久しぶりにヒロシが言い間違いを。

もうかなり言葉が達者になってきたヒロシは、今では言い間違いや勘違い言葉はだいぶ減ってきているんだけど、今日は久しぶりに言い間違いをした。

『しまじろうのわお!』で恐竜が取り上げられたようなのだが、そこで出てきた「スーパーザウルス」を「スーパーサービス」と聞き間違えて、ずっと「スーパーサービス!」「ほら見て!スーパーサービス」と連呼していた。
続きを読む

ヒロシ、父の幼年時代の写真を見てひとこと(2歳)

先日引っ越しまして。引っ越し直しまして、1年半のマンションぐらしを経てもとの家に戻ってきました。

さて引っ越しの荷物の段ボール箱が部屋のそこかしこ、いたるところに積み上げられていて、ヒロシとしては探索場所がこれまでの数倍になって毎日テンションMAX。ドラクエの勇者のように、あちこちの部屋の箱や引き出しをあけてガサゴソ、ガサゴソ、常に何かを物色しているのでした。

続きを読む

おしっこの記念日(2歳)

とうとうやりましたわが息子ヒロシが、トイレでおしっこをしました!
といってもよくわからない人には「なんのこっちゃ」「当たり前ではないか」「トイレでおしっこするのは普通のことだ」と思うかもしれません。

しかし違うのです。彼は今日生まれて初めて自らの意思でトイレに行き排尿行為をしたのです!

3ヶ月ほど前からトイレトレーニングをしようとしていたのですがなかなか上手く行かず、「トイレに行こう?」と誘っても「行かない」と言われ、たまに行っても座ってキョロキョロして辺りをいじるばかりで飽きてしまう……。そんな日々の繰り返しでした。

ところが今日彼は珍しく「トイレに行く」と宣言し、連れて行ってみると本当にしたのです!

いやーめでたい!本当にめでたい!
赤ちゃんのころと違って、こうやって少し大きくなってくると「初めての経験」というのが少なくなってくるものですが、その分こうして何か初めてのチャレンジを達成できた時の喜びもひとしおです。
次は大だ!


(コンビ製の便座にセットするおまるを使っています)