「おしごとするね!」(3歳)


Warning: Use of undefined constant name - assumed 'name' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/boy.jp-dacelo/web/type99.net/html/DocumentRoot/wp-content/plugins/member_only/member_only.php on line 27

僕は一人で仕事をしているので、自宅作業をしている日が多い。ヒロシはそんな父の姿を毎日見ていて、漠然と「仕事をする」ということを理解しているようだ。

ヒロシの「おしごと」の理解

・大人になると仕事をしなくてはいけない
・仕事をしているときは遊んでくれない
・仕事とはノートPCを開いてキーボードをカタカタ打つことである

たまに打ち合わせ等で外に出て仕事をして帰ってくると、それはもう嬉しそうに、ワンちゃんならおしっぽグルグルだよレベルで玄関まで走って出迎えてくれて、

「ヒロシくんさみしかったよぉー」
「ひろしくんねー、おとうさんといっしょにおしごといきたかったんだよねぇ~」
「おとうさん、あいたかったよー!」

等と言って足にまとわりついてくる。こんな出迎えをされたら、僕の相好が崩れっぱなしであることは言うまでもない。

ヒロシの将来計画

さてそんなある日、就寝前に本を読んでから横に寝て妻を待っていると、ヒロシがこんなことを。

ヒ「ヒロシくんねー、おとなになったら一人でおしごとする!」(おや、前は「おとうさんと一緒に仕事をする」だったのが発展している)
父「そうなの?じゃあお父さんはその時なにしてるの?」
ヒ「おとうさんはあそんでる!ヒロシくんが仕事をするから、おとうさんは遊んでて」
おお、要するに普段と役割が入れ替わっているということか。
父「そっかー、そいつは嬉しいな!でも、じゃあたまには遊ぼうね」
ヒ「うん!あそぼう!どこであそぶ?」
父「そうだなあ…。外国とか行こうか。」
ヒ「がいこく!? …アメリカとか!?」
父「うん、アメリカもいいなぁ」
ヒ「にほんは?にほんでは?」
父「日本国内にもまだいきたい所あるなあ」
ヒ「おんせん?」
父「お、温泉か。いいねぇ。温泉も行こう」
ヒ「おんせん!ウヒヒヒ…」

3歳児がどこで温泉とか知ったんだろう。こりゃ長生きしないとなあ。

↓クリック投票をお願いします!↓
ランキング投票
(※注:3つ開きます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です